【お知らせ】


テニスコーチ史上初の格安オンラインレッスン
『杉本康司テニス上達&発展プロジェクト』
2018年1月より始動っ!!



  月額540円 という格安 で、テニスの上達に関する技術解説や、会員全員で『全国草トー大会開催地MAP』の作成!、その他一般テニス界の発展の為に会員で色々やっちゃおうと企画するオンラインレッスンが2018年1月から開始されます。それに伴って今回先行募集としまして
第1期生の募集を行います。



第1期生募集中(募集人数:50人)

詳しくは『コチラ』




2015年08月26日

第19ゲーム『平行陣の時、ロブで陣形を崩されたら?』

第19ゲーム
『平行陣の時、ロブで陣形を崩されたら?』


ダブルスの試合をやっていると、

必然的に色々な陣形になりますよね。


雁行陣VS雁行陣
平行陣VS雁行陣
雁行陣VS平行陣
平行陣VS平行陣


今回は、こちらが平行陣、相手が雁行陣の時に、

相手後衛がストレートにロブを打って、

こちらの陣形が崩れた場合の話をします。

流れとしては、

こちらがサービスダッシュをしたり

ストロークラリーから、アプローチショットを打って

前に出て平行陣になり、平行陣VS雁行陣になった状態から

雁行陣である相手後衛がストレートへロブを打ってきた時、

こちらがサイドチェンジして、

後衛がノーバウンドでロブをキャッチして、

それをリスクの少ない相手後衛に返球した後の動き方です。

どのように動けば良いか、

知らない人が結構いると思います。


※文章だと分かりずらいですよねw
この後の内容はYOUTUBEに載せてますので
是非コチラご覧ください。



チャンネル登録しておくと
常に更新が分かりますよ。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


■ダブルス戦術プログラムプロフィールムービー
https://www.youtube.com/watch?v=_qo_pMR1Uj0

■週末プライベートレッスンのお申し込みはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e6c5d8b3190359

■お問い合わせ、感想などはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9679542a190362

■ブログはこちら
http://sugimotoalice0224.seesaa.net/

■ツイッターはこちら(相互フォロー大歓迎)
https://twitter.com/#!/sugimotoalice

■フェイスブックはこちら(フォロー、友人申請大歓迎)
https://www.facebook.com/profile.php?id=100009243731874

■ミクシィはこちら(マイミク大歓迎)
→ http://mixi.jp/show_profile.pl?id=39769163&from=navi



posted by 杉本康司 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術解説『ダブルス戦術』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

第18ゲーム『序盤のストレートリターンロブで相手を迷わせる』

第18ゲーム
『序盤のストレートリターンロブで相手を迷わせる』


今回は私がよく使うダブルス戦術のお話です。



早速ですが、私がよく使うダブルス戦術は
ボレーが得意で常に平行陣で試合展開をする相手ペアに対して、
リターンする時、ストレートへロブを打つ事です。



ストレートリターンロブです。




私はリターンの時、
打ち込めるようなボールが来ても
あえてロブを選択し、ストレートへ
リターンロブを打つケースがあります。




と言うのも。。。



相手サーブを普通にクロスに返しても、
ゲーム後半になれば相手に読まれて、
相手前衛に毎回ポーチに出られてしまいます。
サービスダッシュをしてくる相手後衛にも
上体を低くドッシリと構えられて、
ファーストボレーをさせやすい状況になります。


そういった相手の状況、
もしくは自分が単調なリターンになる前に、

相手にゲーム序盤から選択肢を多く持たせるため、
ストレートへリターンロブを打ちます。

これは、特にエースを取りにいくようなショットではなく、
どちらの相手でも良いので取らせても良い程度で、
自分は出来るだけミスをしない事に
重点をおいてロブを打ちます。

このリターンロブのメリットは。。。


※この後の内容はYOUTUBEに載せてますので
是非コチラご覧ください。



チャンネル登録しておくと
常に更新が分かりますよ。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


■ダブルス戦術プログラムプロフィールムービー
https://www.youtube.com/watch?v=_qo_pMR1Uj0

■週末プライベートレッスンのお申し込みはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e6c5d8b3190359

■お問い合わせ、感想などはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9679542a190362

■ブログはこちら
http://sugimotoalice0224.seesaa.net/

■ツイッターはこちら(相互フォロー大歓迎)
https://twitter.com/#!/sugimotoalice

■フェイスブックはこちら(フォロー、友人申請大歓迎)
https://www.facebook.com/profile.php?id=100009243731874

■ミクシィはこちら(マイミク大歓迎)
→ http://mixi.jp/show_profile.pl?id=39769163&from=navi


posted by 杉本康司 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術解説『ダブルス戦術』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

第17ゲーム『釣り球ってご存知ですか?』

第17ゲーム
『釣り球ってご存知ですか?』


ダブルスの鉄則として

『センターセオリー』っていう言葉がありますよね。

あと『困ったらセンターへ打て』っていう言葉も。。。

そのような言葉がある程、ダブルスの試合中は、

センターにボールを打つ回数は多いと思います。

でも、意外にセンターへ打たれた側としては、

これが、結構厄介!!

ペアとの間を打たれるワケですから、

どちらが取ろうかぁ?

っていう事になると思います。

基本的には、その中でも、どちらか近い方が取る!!

って事になると思いますが。。。

逆にそれが落とし穴になる時があります。

例えば。。。

アドサイドで、こちらが雁行陣、相手が並行陣の場合。

相手前衛が元のポジションから

センターラインぐらいまで出て打ったポーチが

ややセンター気味であり、

そのボールが自分側の前衛の、かろうじて取れそうな

足元付近からバック側で横に少し離れた付近に

バウンドする感じの弾道のポーチショットだった場合。。。

。。。

。。。

。。。


※この後の内容はYOUTUBEに載せてますので
是非コチラご覧ください。



チャンネル登録しておくと
常に更新が分かりますよ。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


■ダブルス戦術プログラムプロフィールムービー
https://www.youtube.com/watch?v=_qo_pMR1Uj0

■週末プライベートレッスンのお申し込みはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e6c5d8b3190359

■お問い合わせ、感想などはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9679542a190362

■ブログはこちら
http://sugimotoalice0224.seesaa.net/

■ツイッターはこちら(相互フォロー大歓迎)
https://twitter.com/#!/sugimotoalice

■フェイスブックはこちら(フォロー、友人申請大歓迎)
https://www.facebook.com/profile.php?id=100009243731874

■ミクシィはこちら(マイミク大歓迎)
→ http://mixi.jp/show_profile.pl?id=39769163&from=navi


posted by 杉本康司 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術解説『ダブルス戦術』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

第16ゲーム『最低でもダブルスは4分割で戦う』

第16ゲーム
『最低でもダブルスは4分割で戦う』


【注意】
頭の中でイメージしながら読むと分かりやすいです。



さて、これは私の知り合いの

プロテニス選手からの受け売りですが、

ダブルスって相手コートに2人いる為、

一瞬!「空いているスペースがない!!」

と思ってしまいますよね。

けれど、それは相手コートを2分割して

見てしまっているからです。

相手コートを2分割で見てしまうと

どちらに打っても人がいますから

どうしてもそう思ってしまいますよね。

では、相手コートを『田』の字で割ってみましょう。



4分割になりますよね?




すると、どうでしょう。

相手は2人、どこかしらにはいるけれど。。。

。。。

。。。

。。。


※この後の内容はYOUTUBEに載せてますので
是非コチラご覧ください。



チャンネル登録しておくと
常に更新が分かりますよ。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


■ダブルス戦術プログラムプロフィールムービー
https://www.youtube.com/watch?v=_qo_pMR1Uj0

■週末プライベートレッスンのお申し込みはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e6c5d8b3190359

■お問い合わせ、感想などはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9679542a190362

■ブログはこちら
http://sugimotoalice0224.seesaa.net/

■ツイッターはこちら(相互フォロー大歓迎)
https://twitter.com/#!/sugimotoalice

■フェイスブックはこちら(フォロー、友人申請大歓迎)
https://www.facebook.com/profile.php?id=100009243731874

■ミクシィはこちら(マイミク大歓迎)
→ http://mixi.jp/show_profile.pl?id=39769163&from=navi

posted by 杉本康司 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術解説『ダブルス戦術』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

第10ゲーム『並行陣後衛ボレーヤーの基本パターン』

第10ゲーム
『並行陣後衛ボレーヤーの基本パターン』

ダブルス戦術のお話です。

ダブルスの試合って、4人が色々動くから、
色々な展開のパターンがあります。

その色々な展開のパターンを
全て覚えていなく、身体も覚えてないから
展開についていけない。。。

と、思っている人が多いかもしれません。

でも、その色々な展開のパターンってのも、
実際には基本的なパターンがあってからの、
変化形ってのが、ほとんどだと思います。

あくまで4人が1つのボールを巡って
色々な動きをしても
基本的な展開パターンがあるわけで

その基本的なパターンの数っていうのは、
実は全然少ないんですよねぇ。

今回は、その基本的な展開パターンの一つとして、
並行陣になった時の後衛ボレーヤーについて、
お話します。

並行陣になった時、
後衛のボレーヤーっていうのは、
ロブとかもケアをしないといけないので、
ネットにドン詰めは出来ませんよね。

となると、相手から来るボールっていうのは、
ローボレーやハーフボレーを打たせるボールが
多いと思われます。

とは言っても、相手も万能ではないので、
常にそのような打球を打てるとも限りません。

ミスして高いボールを
打ってしまうかもしれません。

基本的に並行陣になった時の
後衛のボレーヤーっていうのは。。。

※この後の内容はYOUTUBEに載せてますので
是非コチラご覧ください。



チャンネル登録しておくと
常に更新が分かりますよ。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


■ダブルス戦術プログラムプロフィールムービー
https://www.youtube.com/watch?v=_qo_pMR1Uj0

■週末プライベートレッスンのお申し込みはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e6c5d8b3190359

■お問い合わせ、感想などはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9679542a190362

■ブログはこちら
http://sugimotoalice0224.seesaa.net/

■ツイッターはこちら(相互フォロー大歓迎)
https://twitter.com/#!/sugimotoalice

■フェイスブックはこちら(フォロー、友人申請大歓迎)
https://www.facebook.com/profile.php?id=100009243731874

■ミクシィはこちら(マイミク大歓迎)
→ http://mixi.jp/show_profile.pl?id=39769163&from=navi




posted by 杉本康司 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術解説『ダブルス戦術』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

第9ゲーム『前衛の色々なプレッシャーのかけ方』

いつもYOUTUBEに載せてある
『ダブルス戦術上達プログラム』を見ていただき
ありがとうございます。

今回もダブルス戦術のお話です。

ダブルスの試合は、
敵・味方合わせて全員で4人いますが、
実際にはボールを打つのは1人だけ。。。

他の3人は、ボールを打たないにしろ、
ポイントを取るために色々なことをしています。

そんな中で、今回は前衛の動き。。。
と言うか、前衛のプレッシャーのかけ方のお話を
今回はさせてもらおうかなと思います。


まず相手後衛が
ボレーだろうが、ストロークだろうが、
相手後衛がボールを打つことになったら、
前衛は必ず相手後衛に対して
プレッシャーを与えなくてはなりません。

ぼぉーーーっと、立っているだけだと、
相手は何もプレッシャーを感じず、
ミスもせず、キッチリと返され、
こちらが不利になりかねません。


そう言った中、
どんなプレッシャーのかけ方が良いか。。。
ざっくりと言うと。。。


※この後の内容はYOUTUBEに載せてますので
是非コチラご覧ください。



チャンネル登録しておくと
常に更新が分かりますよ。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


■ダブルス戦術プログラムプロフィールムービー
https://www.youtube.com/watch?v=_qo_pMR1Uj0

■週末プライベートレッスンのお申し込みはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e6c5d8b3190359

■お問い合わせ、感想などはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9679542a190362

■ブログはこちら
http://sugimotoalice0224.seesaa.net/

■ツイッターはこちら(相互フォロー大歓迎)
https://twitter.com/#!/sugimotoalice

■フェイスブックはこちら(フォロー、友人申請大歓迎)
https://www.facebook.com/profile.php?id=100009243731874

■ミクシィはこちら(マイミク大歓迎)
→ http://mixi.jp/show_profile.pl?id=39769163&from=navi

posted by 杉本康司 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術解説『ダブルス戦術』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

第8ゲーム『チェンジのタイミング』

いつもYOUTUBEに載せてある
『ダブルス戦術上達プログラム』を見ていただき
ありがとうございます。

今回もダブルス戦術のお話です。


この前のレッスンの時、
生徒様からご質問を受けました。



「ポーチした時に、どの位置まで出たら、
ペアとチェンジをすれば良いですか?」



と。。。




確かに、どこまでポーチで出たら、
ペアとチェンジしたら効率的なのか、
見極めが、結構難しいですよね。

ポーチを打つ位置、打った方向によっても、
多少違いますからねぇ。


あくまで自論ですが、基本的には



コートの真ん中の縦の線を越して
ポーチを打ったなら、チェンジ。



越さなければ、チェンジせずに、
元のポジションに戻る。



これが一つの目安ではないでしょうかねぇ。


※この後の内容はYOUTUBEに載せてますので
是非コチラご覧ください。



チャンネル登録しておくと
常に更新が分かりますよ。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


■ダブルス戦術プログラムプロフィールムービー
https://www.youtube.com/watch?v=_qo_pMR1Uj0

■週末プライベートレッスンのお申し込みはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e6c5d8b3190359

■お問い合わせ、感想などはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9679542a190362

■ブログはこちら
http://sugimotoalice0224.seesaa.net/

■ツイッターはこちら(相互フォロー大歓迎)
https://twitter.com/#!/sugimotoalice

■フェイスブックはこちら(フォロー、友人申請大歓迎)
https://www.facebook.com/profile.php?id=100009243731874

■ミクシィはこちら(マイミク大歓迎)
→ http://mixi.jp/show_profile.pl?id=39769163&from=navi


posted by 杉本康司 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術解説『ダブルス戦術』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

第7ゲーム『第1、第2、第3のポーチの仕方』

ダブルス戦術のお話、2回目です。


ポーチに出るのって、

難しいと思っちゃってる方、

実は結構多いですよね。

よく相談受けるのは、







「ポーチの出るタイミングが分かりません(涙)」







という相談。



ポーチの出るタイミングも色々あって、


「第1のポーチ」
相手がボールを打って、それをポーチ出来そうだなと
判断したらポーチに出る。


第2、第3のポーチは。。。


。。。

。。。。



※この後の内容はYOUTUBEに載せてますので
是非コチラご覧ください。



チャンネル登録しておくと
常に更新が分かりますよ。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


■ダブルス戦術プログラムプロフィールムービー
https://www.youtube.com/watch?v=_qo_pMR1Uj0

■週末プライベートレッスンのお申し込みはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e6c5d8b3190359

■お問い合わせ、感想などはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9679542a190362

■ブログはこちら
http://sugimotoalice0224.seesaa.net/

■ツイッターはこちら(相互フォロー大歓迎)
https://twitter.com/#!/sugimotoalice

■フェイスブックはこちら(フォロー、友人申請大歓迎)
https://www.facebook.com/profile.php?id=100009243731874

■ミクシィはこちら(マイミク大歓迎)
→ http://mixi.jp/show_profile.pl?id=39769163&from=navi

posted by 杉本康司 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術解説『ダブルス戦術』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

第6ゲーム『ポーチを打たれたらセンターケア』

今回は、ダブルス戦術のお話です。

自分が後衛にいた時、相手前衛にポーチを打たれた時の
自分のポジショニングの取り方の
お話をさせてもらえればと思います。


さて、自分が相手後衛とストロークラリーをしてる中で
相手前衛にポーチを打たれてしまった時。。。


基本的には、相手前衛がポーチを打つ方向は、
こちらの前衛の方向に打つのが一般的かなと思います。

なので、ほとんどの人は相手前衛に
あ、ポーチ打たれちゃう!と分かった時点で、
結構、諦めちゃう人も多いと思います。

ですがポーチを打つ相手前衛も、
こちらの前衛の方の守りが堅かった場合、

相手前衛がポーチを打つ方向を
こちらの前衛めがけては打たず、



というよりは、



こちらの前衛も触れられない、
センターに打つ場合も多いです。







センターセオリーってヤツですね。





ちなみに私が後衛のポジションだった時、
相手前衛がポーチを打つような状況に
なってしまった場合は。。。



※この後の内容はYOUTUBEに載せてますので
是非コチラご覧ください。


チャンネル登録しておくと
常に更新が分かりますよ。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


■ダブルス戦術プログラムプロフィールムービー
https://www.youtube.com/watch?v=_qo_pMR1Uj0

■週末プライベートレッスンのお申し込みはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e6c5d8b3190359

■お問い合わせ、感想などはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9679542a190362

■ブログはこちら
http://sugimotoalice0224.seesaa.net/

■ツイッターはこちら
https://twitter.com/#!/sugimotoalice
posted by 杉本康司 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術解説『ダブルス戦術』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
格安個人レッスン、主な対応エリア:東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県どこでも

【東京】 

豊島区:本拠地。西武、東武デパート、サンシャインシティ、乙女ロードも有名 5分
墨田区:東京スカイツリーがシンボル。ソラマチ、錦糸町のオリナス、アルカキットも買物スポット 5分
江東区:有明テニスの森では東京都知事杯。有明コロシアムでは東レPPOや楽天オープンが開催 30分
江戸川区:葛西臨海公園には水族館や観覧車が有名。30分。江戸川区花火大会も有名 30分
荒川区:荒川区民大会で優勝経験アリ。あらかわ遊園やちんちん電車もありますよね 30分
足立区:足立区の中心である北千住は繁華街。近くに大学もある活気のある街
葛飾区:こちら葛飾区亀有公園前派出所でおなじみ。葛飾区スポーツセンターまで40分
大田区:羽田空港まで60分。蒲田も有名。クリエイティブライフ羽田のテニスコートのビーチテニス場は無くなりました
練馬区:豊島園があります。昔はプールや遊園地、観光スポットです。光が丘団地も有名
北区:浮間公園でよくテニスしてます。王子では、よく草トーも開催 40分
板橋区:イオン板橋で買物客が賑わう町。テニスコートも充実 60分
世田谷区:駒沢オリンピック公園はテニスコートや陸上競技場もあり、外周でもランナーが走っています
杉並区:阿佐ヶ谷には色々な観光スポットがあり、高円寺で行われる阿波踊りは有名 40分
中野区:春高バレーに毎年出場の我が母校東亜学園がある区。哲学堂で中野区民大会が開催
品川区:品川プリンスホテルにある高輪テニスセンターは、芸能人もよく使用しているコート




【神奈川】 

横浜市:野球では横浜DeNA、サッカーでは横浜マリノス。横浜アリーナはコンサートの聖地
・・・青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、栄区、瀬谷区
・・・都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ヶ谷区、港北区、緑区、南区
川崎市:ラゾーナ川崎など大型店舗が多いですよね。川崎市民大会も大きいな大会です
鎌倉市:鎌倉といえば、鎌倉の大仏!!電車で90分



【千葉】 

船橋市:船橋ららぽーと、イケアが有名。Ken'sテニスクラブららぽーとのコートは凄い面数
市川市:南市川テニスガーデンがあり、毎週草トーが行われています。私も優勝しました
野田市:しょうゆで有名なキッコーマンがある街。野田市総合公園でレッスンやってます
柏市:柏レイソルの本拠地。そごう柏や柏高島屋など大型店舗が多い街です。50分
松戸市:松戸テニスクラブで行う草トーや年越しテニスは有名です。プラーレ松戸も有名
流山市:流山おおたかの森ショッピングセンターは大きい商業施設です 50分




【埼玉】 

さいたま市:浦和レッズや大宮アルディージャの本拠地。埼玉スーパーアリーナでコンサートも 60分
所沢市:西武ライオンズの応援にはよく行きました。航空公園のテニスコートで私は育ちました
川口市:川口にあるグリーンテニスプラザで開催されるディアドラカップ団体戦は人気ある大会
草加市:草加せんべいはおいしいです。獨協大学がある松原団地はマンモス団地です。30分